stock-1863880_1920




ニコ生とかでよく「なんでスプ0?」とか「どの口座がいいの?」って聞かれることが多いので、今回はXMの口座種類を紹介します!



XMには3種類の口座タイプがあり、口座開設時および開設後の追加口座としてどの口座であっても最大8口座まで所有することができます。

マイクロ口座」、「スタンダード口座」、「XM Zero口座の各口座の特徴をみながらどんなトレードに適しているのかをまとめてみました。

マイクロ口座

レバレッジ 1倍~888倍
最小取引通貨枚数 10通貨


そもそもマイクロという名称もついている理由は、「最小取引通貨枚数」がなんと10通貨からトレードできるという点になります。
さらにレベレッジは最大で888倍ですから非常に少額資金(10通貨取引をレバレッジ888倍で行う上で必要な証拠金はわずかでも、トレードが開始できる。
初心者にはうってつけの口座タイプとなります。
また、開始時は最小限の資金のみ口座に入金し、888倍のレバレッジで制限いっぱいまでトレードを行い資産の最大化を目指すアクティブなトレーダにもお勧めとなります。
レバレッジ888倍が可能なのは口座資金が20000ドル未満までです。

さらに、余剰資金があまりない方においても、この口座では各種ボーナスポイントが用意されてます。 口座開設時のボーナス、開設時入金額の100%ボーナス(つまり、入金額同額のボーナスが付与されます)、さらにトレード量に応じたボーナス獲得など、いろいろなボーンス獲得チャンスを活用しトレード資金を増やすことも可能です。

こんな方におすすめ
①FXビギナー、FXの勉強もかねて10通貨でトレード
②ハイレバを活用し、少額資金から888倍の上限を目指す中級アクティブトレーダ
③ボーナスキャンペーンを最大活用し、トレード以外でも口座資産を増やしたい方。

こんなタイプの方にお勧めの口座となります。

マイクロ口座を使った裏技

スタンダート口座

レバレッジ 1倍~888倍
最小取引通貨枚数 1000通貨


マイクロ口座との違いは「最小取引通貨枚数」と「チケット毎の通貨枚数制限」になります。
とくに、「チケット毎の通貨枚数制限」が一気に5,000,000通貨まで増えてます。
スタンダード口座はかなり大きな取引を行う方向けの口座と理解してよいです。前章記載のマイクロ口座でも一回の取引に10万通貨まで取引可能だったのですが、スタンダードでは500万通貨まで可能です。
個人トレーダで1回の取引に500万通貨は非常に限られた方かと思われます。海外FX初心者であればそこまで必要はないと思われます。
ただし、資金が増えて10万通貨以上での取引が可能になればスタンダード口座に口座移動することは全く問題ありません。
なお、マイクロ口座の特徴として挙げていたボーナスはスタンダード口座においても同じく利用可能です。

こんな方におすすめ、
①脱FXビギナー、資金量も増え10万通貨以上のトレードを希望するかた。
②ボーナスキャンペーンを最大活用し、トレード以外でも口座資産を増やしたい方。

こんなタイプの方にお勧めの口座となります。

XMZero口座


レバレッジ 1倍~500倍

最小取引通貨枚数 1000通貨

XM Zero口座においてもXM.COMホーページ記載情報をもとに主要な特徴を上図表にまとめています。
スタンダード口座との違いは「レバレッジ」になります。
そもそもXM Zero口座とはスプレッドを最大限に抑えた(Zero ‘0’です。)取り引き条件を実現させるために用意された口座ですので、その分、レバレッジに888倍という選択肢はなくなってます。
また、この表には記載していませんが、マイクロやスタンダードにあったボーナスというサービスは適応されません。
さらに、マイクロやスタンダードでは手数料は無料でしたが、XM Zero口座では
一定額の手数料が発生します。スプレットZeroを実現するためにいくつかのサービスを外したと理解いただければよいです。

一定額の手数料が発生とは
1ロット(10万通貨)に対して新規注文5通貨と決済注文5通貨の合計10通貨必要
1ロットは10万通貨 手数料は往復で10通貨分
これをpipsにすると1.0pipsですね。
スタンダート口座と比較するとZero口座のほうが半値くらいお得ですね。XMPがないので実際はどっちも大して変わらないのかも。

こんな方におすすめ 
①狭いスプレッドを活用した短期スキャルトレードを希望するかた。
②EAを導入し自動取引を行いたい方、特に短期で数ピップス抜きを狙っている方。

こんなタイプの方にお勧めの口座となります。